静岡交響楽団|静響|Shizuoka Symphony Orchestra
トップページお知らせ一覧>【重要なお知らせ】静岡交響楽団の改組について

【重要なお知らせ】静岡交響楽団の改組について

 静岡交響楽団は創立以来32年、静岡県で唯一の常設プロオーケストラとして、定期演奏会や特別演奏会、音楽鑑賞教室、老人福祉施設訪問など積極的に取り組んできました。そしてこの度、2021年4月に特定非営利活動法人から一般財団法人への改組を行うことになりました。
 加えて、浜松で活動していた浜松フィルハーモニー管弦楽団と合体することとなりました。同楽団の浜松地域でのレガシーを新法人が引き継ぎ、音楽活動を展開してまいります。
 こうした一連の動向に伴い、楽団名を「富士山静岡交響楽団(通称:静響)」に変更し、2021年4月から「一般財団法人富士山静岡交響楽団」として新たなスタートを切ります。名実ともに静岡県を代表するプロオーケストラとして、全国に、そして世界に飛躍したいとの思いを込めた名称です。
 今後、財政基盤の強化や演奏活動の拡大を図るため、2022年の公益財団法人化、日本オーケストラ連盟正会員を目標に、邁進していく所存でございます。
 皆様のご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

【重要なお知らせ】静岡交響楽団の改組について

2020年12月2日記者会見にて
(右から)浜フィル晝馬日出男理事長、当楽団岩崎清悟理事長、宮澤敏夫専務理事

2020年12月3日 静岡交響楽団