トップページ>静響について

静響ってどんなオーケストラ?

富士山静岡交響楽団 Mt. Fuji Philharmonic Orchestra

■富士山静岡交響楽団(静響) Mt. Fuji Philharmonic Orchestra
2020年11月、いずれもNPO法人であった静岡交響楽団と浜松フィルハーモニー管弦楽団が合体し、一般財団法人「富士山静岡交響楽団」として本年4月より演奏活動をスタート。
静岡交響楽団は1988年に創立し、地域に密着した常設プロオーケストラとして、定期演奏会や企業協賛の特別演奏会をはじめ街角コンサートや子ども向けの鑑賞教室などの音楽文化普及活動、病院・老人福祉施設へのアウトリーチ活動を展開。近年は、日本オーケストラ連盟正会員を目指す取り組みを本格化し、演奏力の向上と演奏機会の拡充に努め、2020年12月には定期演奏会100回記念の東京公演を盛況のうちに催行した。
浜松フィルハーモニー管弦楽団は1998年に発足し、地元出身のプレーヤーによるプロオーケストラとして、演奏会や子ども向けコンサート、国内外の著名なゲストを招いての演奏会など地元浜松に根ざした音楽活動を行ってきたが、2020年7月に活動休止を決め、そのレガシーを新法人富士山静岡交響楽団に継承することとなった。
富士山静岡交響楽団は、名実ともに静岡県を代表するオーケストラとして地域文化の向上に貢献するため、演奏活動や音楽普及活動を全県域に展開していく。

沿革(旧静岡交響楽団)

1988年11月 「静岡室内管弦楽団“カペレ・シズオカ”」として設立、静岡県内初のプロオーケストラとして活動をスタート。
1991年11月 1991年11月静岡交響楽団を支える「後援会組織」が発足。
1994年 音楽監督・指揮者に堤俊作氏を迎えたのを機に「静岡交響楽団」と改称。
2002年 「静岡ガスニューイヤーコンサート」「静鉄コンサート」がスタート。
2003年 「特定非営利活動法人静岡交響楽団」として法人化。
2007年 「静銀コンサート」等、企業協賛コンサートが本格的にスタート。
2008年3月 公益社団法人 日本オーケストラ連盟の準会員として加盟。
2008年11月 創設20周年を迎え記念誌を発行。
2013年5月 静岡県文化奨励賞受賞。
2018年4月 高関健氏をミュージック・アドヴァイザーに迎える。
2021年4月 浜松フィルハーモニー管弦楽団と合体し、一般財団法人富士山静岡交響楽団として新たにスタート。
高関健氏、首席指揮者に就任。
ページのトップへ

評議員及び役員

評議員
評議員
評議員
評議員
評議員
鬼頭 宏
鈴木 壽美子
晝馬 日出男
岩野 裕一
岡部 比呂男
理事長
専務理事
理事
理事
理事
理事
理事
理事
理事
理事
理事
理事
理事
理事
理事
理事
理事
理事
理事
監事
監事
岩崎 清悟
宮澤 敏夫
足羽 由美子
伊藤 洋一郎
大石 剛
大村 祐太
小田 寛人
酒井 公夫
高橋 明彦
戸ア 文葉
戸野谷 宏
中田 卓也
中西 勝則
仲野 哲央
西 信之
藤田 綾子
村松 尋代
山田 潤一
前田 衞
田形 和幸
豊島 勝一郎
ページのトップへ

事務局

顧問 滝口 洋、塩澤 諭、小楠 元廣
専務理事 宮澤 敏夫
事務局長 前田 衞
事務局次長 上田 直弘、小林 昌史
事務局員 平井建郎(事業部チーフ)
中田 健(事業部)
松浦悦子
望月由美
青木裕汰(ステージマネージャー)
岡村 愛(ライブラリアン)